競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【C.ルメール騎手】過失か!? 故意か!?
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

3分で分かる!儲けPOINT3段活用

サムネ画像早いもので夏競馬も折り返し地点を迎えます。開催は函館→札幌、福島→新潟、中京→小...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた田辺騎手はアルクトスでプロキオンSも勝利。2週連...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2019年05月09日(木)更新

【C.ルメール騎手】過失か!? 故意か!?

先週のNHKマイルCはデムーロ騎手が騎乗したアドマイヤマーズが勝ちました。最近はルメール騎手の活躍の陰に隠れてばかりでしたが、ようやく一矢報いることができたのではないでしょうか。


一方、圧倒的な一番人気に支持されたグランアレグリアに騎乗したルメール騎手は、直線でダノンチェイサーの走行を妨害したとして、4着入線も5着に降着。しかも、短期間で不注意騎乗を繰り返したことによる加重制裁で、騎乗停止期間がダービーまでとなり、コントラチェックにもサートゥルナーリアにも騎乗できなくなってしましました。


グランアレグリアは桜花賞でもゴール前で内ラチにツッコミそうになるシーンがあり、もともと右に行く癖がある馬。しかし、それを一番よく知っているはずのルメール騎手が扶助しきれなかったのは、外からフタをされる前に進路を確保しようという意識から馬の癖のことを忘れてしまったのか、馬のクセを利用してうまく進路を確保しようとした未必の故意なのか。


それは本人にしかわかりませんが、馬のクセによる過失の場合の制裁はもっと軽微になる印象なので、ジャッジの内容から推測すると故意のラフプレーという判断なのかもしれません。
個人的には、2週間以内の騎乗停止は遅れてきたゴールデンウィークになって、ペナルティというよりもバカンスにいそしめるだけなので、3週間にして初めてペナルティの意味が出てくるから、そうしたと思っていますが……(笑)


ただ、レーン騎手やアブドゥラ騎手の動きをみていると、ルメール騎手の後ろのポジションで脚を溜めていれば、直線で右に行くはずなので、そこに自分の進路ができるとわかって乗っていたように見えます。そう考えると、ルメール騎手の技術をもってしてもまっすぐ走らせるのが難しい馬だったのかもしれません。


この降着事件で、ダービーやオークス、そして目黒記念のブラストワンピースの鞍上を巡りいろいろな論争が巻き起こりました。一極集中がその原因だと思われますが、語り始めると長くなってしまうので、これに関してはまたの機会にしたいと思います。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN