競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【内田博幸騎手】ここからの巻き返し
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回は52キロ以下で騎乗するトップジョッキーを取り上げましたが、先週の日...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2019年03月30日(土)更新

【内田博幸騎手】ここからの巻き返し

前回取り上げた野中騎手は、先週も1勝を挙げる活躍。そして、前々回取り上げた三浦騎手は2勝を積み上げることができたのですが、追い掛ける戸崎騎手が4勝の固め打ちを決めたため、2着の差でリーディングの座を譲ることになってしまいました。


東西騎手の月別の勝ち星をみてみると。


1月:関東81勝、関西160勝
2月:関東100勝、関西185勝
3月:関東116勝、関西167勝
※本文中のデータは3月24日現在のものです。


と徐々にではありますが、東西の差が詰まってきている。全国リーディングのトップ10のなかにも、関東の騎手の名前が3人(戸崎、三浦、丸山)になりました。


ルメール騎手と筆頭に、関西の上位騎手が、しょっちゅう出稼ぎに来るので関西優位は揺るがないかもしれないですが、今年これまでのローカル開催は中京→小倉→中京と関西圏ばかり。来週から関東ローカルの福島が始まるので、関東に騎手にもっと勝ち星が行き渡るようになると思われます。


そういう意味でも関東の騎手の動向には注目したい。


今回、取り上げるのは内田博騎手です。


今年これまでの単勝回収率が44%しかなく、馬券的には狙いづらいジョッキーです。
そして、理由の一つは馬質にありそう。というのは、今年これまでノーザンF生産馬に騎乗したときの成績が【0‐0‐0‐14】と全く結果を出せていないからです。そして、この3月は2鞍だけと依頼自体が減っています。


先週日曜は2勝と、今年初めての複数勝利を達成。あたたかくなってきて、ようやく体が動くようになってきたのかもしれません。そして先週の騎乗馬を見ても1~3番人気馬の騎乗はなく来れば穴になる可能性が高い。


ここから巻き返しがあるかもしれません。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN