競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【石橋脩騎手】事実は小説よりも奇なり
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 今でこそ国道15号線につながる陸橋など新しい道ができたけど、以前の「...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の北九州記念を勝ったのは秋山騎手が騎乗したダイメイプリンセスでした。...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2019年01月24日(木)更新

【石橋脩騎手】事実は小説よりも奇なり

♪10000回ダメでヘトヘトになっても
10001回目は何か変わるかもしれない♪

いきなり、ドリカムさんの『何度でも』という歌の歌詞を引用させていただきました。

石橋脩騎手は、18年10月8日の東京6Rで通算1万回騎乗を達成。前途洋々、明るさしかないはずでした。

しかし。何か変わるかもしれない10001回目の騎乗。次の東京7Rで、落馬事故に巻き込まれて、大けがを負ってしまったのです。「事実は小説よりも奇なり」とは、よくいいますが、これはドリカムさんも想像だにしなかった悲劇でしょう。

今年の年明けから戦列に復帰。先週のAJC杯をシャケトラ(7番人気)で制し、復帰から1か月足らずで重賞タイトルも手にしました。しかも、騎乗したシャケトラは、このレースが一昨年の有馬記念以来のレース。人馬ともにケガから復帰しての勝利だったのです。

さらに、もともとは戸崎騎手とのコンビで出走の予定だったのですが、戸崎騎手が病気のため乗り替わり。急遽お鉢が回ってきたのが石橋脩騎手だったのです。

アタマ差凌いだ2着の1番人気フィエールマンは、デビュー以来、石橋脩騎手とコンビを組んでいたのですがラジオNIKKEI賞で2着に敗れたあと、ルメール騎手に乗り替わりとなっていた馬。自分がクビになって悔しさを味わった馬を押さえての勝利は、また格別の味だったのでは。

「事実は小説よりも奇なり」とは、よくいいますが、フィクションでも思いつかないようなドラマチックな勝利だったのではないでしょうか。


樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN