競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【川田将雅騎手】適正ペース
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のオークスはM.デムーロ騎手が騎乗したラブズオンリーユーが勝ちました...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年11月29日(木)更新

【川田将雅騎手】適正ペース

「2分20秒6」

芝2400mの日本レコードはおろか、世界レコードも1秒以上も更新するとんでもないタイムで決着した今年のジャパンC。日本の馬場造園技術もついにここまで来た!と、世界に誇ってもいいのではないでしょうか(笑)

おそらく、乗っているジョッキーも経験したことのない馬場だと思うし、適正なペースがどれくらいなのかもわからないので、どれくらい価値のあるタイムなのかはわかりません。ただ、ペースを握った川田騎手の冷静な手綱捌きが光った一戦だったというのは間違いないでしょう。

比較対象がないので推測になってしまうのですが、1000m通過の59秒9、1400m通過の1分23秒4というタイムはあの馬場を考えるとかなり遅いものだったと思われます。というのも、インの好位でレースを進めたスワーヴリチャードの挙動をみると、鞍上のデムーロ騎手は馬をなだめるのに必死だし、それでも勝手にポジションが上がっていっており、完全にスローペースの時に見られる挙動だったからです。

というわけで、ペースを握ったキセキの川田騎手も、このままのペースでレースを進めたら抜群の切れ味をもつアーモンドアイには勝てないと思っていたのでしょう。残り1000mを切ると自らペースを上げていったのです。

そうやって後続の馬の切れ味を奪うようなスパートを仕掛けてもなお、アーモンドアイの末脚が衰えることがなかったのですが、川田騎手のペース判断が名勝負を生んだことは間違いないでしょう。


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN