競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【J.モレイラ騎手】深まる謎
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のオークスはM.デムーロ騎手が騎乗したラブズオンリーユーが勝ちました...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年11月15日(木)更新

【J.モレイラ騎手】深まる謎

先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠでの2着が4回もありながら、なかなかタイトルに手が届かなかった善戦マンに悲願のタイトルをもたらしただけでなく、モレイラ騎手もうれしいJRAのGⅠ初制覇となりました。

エリザベス女王杯のパドックを見ていて気になったのは、モレイラ騎手がいわゆるモレイラアブミを使っていなかったということ。

モレイラアブミとは、モレイラ騎手が使用しているのを見た福永騎手が取り入れ、今、ブームとなっているアブミで、足を置く部分が半円形になっているのが特徴。
しかし、ブームの火付け役のモレイラ騎手本人が使用していなかったのです。

とはいえ、JRDBの金子京介さんからの指摘で、すぐにその謎は解けました。パドック映像では見えない反対側がモレイラアブミで、左右で違うアブミを履いていると教えていただいたからです。

そう思って、過去のパドック映像を見返してみたところ、右側がモレイラアブミで左側はノーマルアブミを履いているとわかりました。しかも、右回りも左回りも関係なく、回りに合わせて変更しているわけではなさそう。

そう考えると、モレイラアブミを使っている右足側になにか気になるところがあるのでしょうか

左回りのコースは東京しか経験がありませんが、右足側に遠心力がかかる左回りで成績が若干落ちるのは、東京コースに慣れてないということだけではなく、回りも関係しているのかもしれません。ただ、答えはわからず、謎は深まるばかりです。


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN