競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【武豊騎手】超特殊馬場!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「結果決勝トーナメントに行けたから、良いのかも知れんが、最後の10分はな...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年07月12日(木)更新

【武豊騎手】超特殊馬場!?

七夕賞を制したのは、前回のコラムで取り上げた丸田騎手が騎乗したメドウラークでした。

単勝オッズ100.8倍の超人気薄での勝利で、3連単の配当が250万円を超える大波乱になりました。
どんなに人気のない馬でも、先入観を捨て可能性を最大限に追求してくれる丸田騎手の持ち味が存分に発揮されたのではないでしょうか。この重賞勝利が呼び水となって、さらなる飛躍に期待したいジョッキーです。

今回注目したいのは、プロキオンSをマテラスカイで逃げ切った武豊騎手。

というのは、勝ちタイムが1分20秒3という従来の日本レコードを1秒以上も更新する大レコードを叩きだしたからです。好スタートから前半3ハロン33秒5という速いペースで逃げたのですが、それは馬場を考えての作戦だったのではないでしょうか。

あの日の中京ダートは異様な高速馬場で、プロキオンSの7着馬までが従来の日本レコードよりも速いタイムで走っているからです。雨で渋って脚抜きのいい馬場だったというのはもちろんですが、週中に降った80ミリ以上の雨で砂が流され砂厚が浅くなっていた可能性も考えられます。

あと、気になったのはキックバックです。雨で渋った馬場で控える競馬をすると、雨道での泥はねをもろに受ける感じで、馬も騎手も泥だらけになるのですが、プロキオンSのレースリプレイをみるとゴール後も勝負服がきれいな状態が保たれているからです。
デムーロ騎手が騎乗したドリームキラリは、本来は逃げないと持ち味が活かせないのに、控える競馬で健闘ができたのは、デムーロ騎手の手腕もあるのかもしれないですが、キックバックがソフトだったからかもしれません。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。