競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【丸田恭介騎手】大穴3連発!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年07月05日(木)更新

【丸田恭介騎手】大穴3連発!?

今回は、先週の土曜福島で9R、10R、11Rと3レース連続で3着に入線した丸田騎手に注目したいと思います。

その3頭の単勝オッズは順に、192.4倍、81.2倍、103.2倍と超人気薄の馬ばかり。もし、この3レースを複勝で転がしていれば100円が、96万円超に化けていた計算になります。

9レースで騎乗したルアは、ダートからのスタートのレースでは先行できないことも多いのに、芝からのスタートの中京ダート1400m(しかも、芝の部分が長い)では、毎回いい先行力をみせており、実は芝向きの可能性が考えられました。ただ、それだけで馬券で狙えたかといわれると疑問ですが……。

10レースで騎乗したイェドプリオルの前走は、テンの3ハロンが36秒4、千通過が61秒0という厳しいペースでの逃げで、番手につけたキクノルアの厳しいプレッシャーもあったもの。ここはマイペースで逃げられれば粘り込みがあってもよかったのですが、それでも、それを狙うのは難しい印象。

メインで騎乗したパーリオミノルも、前走は後方追走から4コーナーで大きく外を回ったもの。それでも終いは差を詰めており、もう少しいいポジションで競馬ができれば前進あってもよさそうでした。

というわけで、穴党ならどれも一考する馬ではありますが、馬券で狙って買えるかといわれると難しい馬ばかり。丸田騎手は常にそういう淡い可能性も追求し、馬の能力を存分に引き出そうしているからこそ、今回の大穴連発につながったと思われます。

福島コースは先々週まで行われていた東京コースと比べると、騎手の工夫が奏功しやすい。なので、今週以降も注目すべきではないでしょうか。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN