競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【C.ルメール騎手】先入観に囚われない!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の土曜新潟6R。ゲートが開くと何が何でもハナに行く構えを見せたのが山...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年05月25日(金)更新

【C.ルメール騎手】先入観に囚われない!?

 アーモンドアイがオークスも制し二冠を達成しました。上がり3ハロン33秒2の脚を繰り出されては、他の馬は負けを認めるしかなさそうです。

 そもそも、桜花賞までのレースぶりからウィークポイントを探っても、スタートくらいしか思いつきませんでした。というのはシンザン記念では大きく出遅れていたし、ゲートを出てからの出脚が鈍く、毎回後方からの競馬になっていたからです。

 ただ、一気の距離延長となるオークスはマイルのレースよりもテンが速くなることはなく、追走が楽になるぶん本来ならウィークポイントをカバーできる可能性が高い。しかし、それを騎手の先入観が邪魔する可能性がありました。

 具体的には、いつも後ろから競馬している馬なので、今回もこれまで同様のポジションにこだわったり、後方で折り合いに専念することで極上の決め手を発揮できると考えたりして、後方で馬を引っ張り倒す恐れです。

 しかし、ルメール騎手はデビュー以来一番のスタートを決めると、迷わず好位につけて、1コーナーでは馬をなだめるのに苦労するくらいでした。悪い先入観に全く囚われていなかったのも勝因のひとつではないかと感じました。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN