競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【藤岡佑介騎手】好調の理由!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 平成最後となる今年の日本ダービー。ファンの皆さんが最も頭を悩ませているのは、...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 大型連休に入る直前の金曜日(4月27日)、一杯やりながら南北会談や次官辞任の...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年05月10日(木)更新

【藤岡佑介騎手】好調の理由!?

 先々週に続き、先週の主役も藤岡佑介騎手だったのではないでしょうか。土曜の京都新聞杯をステイフーリッシュで制し、日曜のNHKマイルCもケイアイノーテックで勝利。2日連続での重賞制覇だけではなく、念願の初GⅠ制覇となったからです。

 今年の好調の秘訣は、前回のコラムでも取り上げたクレバーな騎乗にも理由がありそうですが、もうひとつ筆者が気になっているのは馬具です。具体的いうとアブミ。

 昨年、モレイラ騎手が使用しているアブミが福永騎手らを中心に栗東で流行りました。それにどういう効能があるのか筆者にはよくわからないのですが、脚を置く部分が半円形になっていて、面積が広く、馬上でバランスがとりやすくなるというのは想像できます。藤岡佑騎手が使用しているアブミは、脚を置く部分の形が半円形ではなく、角丸長方形のような形状ですが、同様に脚を置く面積が広く、モレイラ騎手のアブミと似たような効用があるのではないでしょうか。

 昨年キャリアハイの成績をあげた和田騎手もモレイラアブミを使用しています。とにかく前に行く騎乗を徹底することで成績が上がったように、そのアブミを導入することによって逃げ先行策でより効果があるのではないでしょうか。そこで、昨年暮れから年初にかけて新しいアブミを導入したと思われる藤岡佑騎手の逃げ先行時の成績を比較すると。

17年:勝率11.2%、逃げ先行率39.0%
18年:勝率21.0%、逃げ先行率48.2%

 ケイアイノーテックは出遅れて思い通りの競馬ができなかったのかもしれませんが、今後のGⅠ戦線でも先行策での一発があるかもしれません。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。