競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【幸英明騎手】ハナの譲り方!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年04月04日(水)更新

【幸英明騎手】ハナの譲り方!?

 競馬は、戦いというか競争なので、敵に進路を譲るということは基本的にはありません。というよりも、そういうことはないはずです。しかし、ハナに行きたくない場合、ハナを主張している馬に先手を譲るということは日常的にあります。ただ、その譲り方にも駆け引きが必要だと思っています。
 
 先週行われた大阪杯は、千メートル通過が61秒1というスローペースになりました。逃げたヤマカツライデンの酒井学騎手がペースを落とし過ぎたという面もあると思いますが、後続からのプレッシャーがなければペースを落としたくなるのは逃げ馬の性。だから、ペースを握るのは番手につけた馬とよくいわれるのです。

 そう思ってレースを見直すと、好スタートを決めた幸騎手のサトノノブレスが、その外から先手を主張するヤマカツライデンを先に行かせて番手につけようと狙っているようにみえました。ただ、そこで馬にブレーキをかけてしまったので、ヤマカツライデンは労せずハナへ。一方の幸騎手は、外から勢いのついた馬に次々と交わされて、番手どころか中団付近までズルズルを下がってしまったのです。

 このように、逃げ馬に塩を送って、自分を窮地に追い込んでしまっては意味がない。先手を譲る姿勢を見せながらも、逃げ馬にはハナを獲り切るまでに脚をできるだけ多く使わせる意識が必要だと思うのです。そうすれば、相手は加速するので(自分は加速する必要がないから)自分の前にスペースもできてレースを有利に運べる。

 引退されたアンカツさんが、そういう部分での駆け引き(「お先にどうぞ」という雰囲気を醸しながら、相手の脚を消耗させる)が抜群に上手かったと記憶しているのですが、最近のジョッキーはそういう駆け引きが下手な印象。こういう駆け引きの技術も競馬学校等で教えることはできないのでしょうか。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN