競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【ルメール騎手&M.デムーロ騎手】皐月賞に向けて!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

上田琢巳のラップトリック  上がり35秒1→35秒2→37秒6の先行、好位勢によるワンツースリー。これ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 昨5日は24節気で言えば「清明」。これから20日の穀雨までは、すべてが清々し...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年03月22日(木)更新

【ルメール騎手&M.デムーロ騎手】皐月賞に向けて!?

 先週は皐月賞トライアルのスプリングSと若葉Sが行われました。今週の毎日杯から皐月賞へ向かう馬がいるかもしれないですが、皐月賞の出走馬がほぼほぼ固まってきたといえるでしょう。

 3つの皐月賞トライアルすべてに騎乗したルメール騎手は、スプリングSを制したステルヴィオで本番に向かうようです。若葉Sでは圧倒的1番人気のタイムフライヤーで5着に敗れ大波乱を演出する結果になってしまいましたが、トライアルはあくまでもトライアル。どのレースも本番を見据えて脚を試すような乗り方に徹していた印象です。そういう少し雑な騎乗で勝ち切ってくれたステルヴィオを数多いるお手馬の中から選んだのではないでしょうか。

 一方のデムーロ騎手はスプリングSで騎乗したルーカスも9着という結果で権利獲得には至らず、いまだに皐月賞の騎乗馬がハッキリしない状況です。

 ただ、スプリングSでのデムーロ騎手の騎乗ぶりをみると、馬の反応がイマイチで勝ち目がないと判断した段階で馬を追うのをやめてしまっているように見えます。3着までに入ってギリギリ権利を獲得してしまうと、皐月賞での依頼を断るのが難しくなるので、あえて無理しなかったように思えて仕方がありません。ルメール騎手が乗れなくなって鞍上が白紙となっている有力馬も出ているので、ギリギリまで勝てる可能性のある馬を探そうとしているのではないでしょうか。

 もうすでに、クラシックを巡る駆け引きは始まっていると思われます。
 


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。