競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【北村友一騎手】風をうまく利用!?(その2)
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年02月22日(木)更新

【北村友一騎手】風をうまく利用!?(その2)

 平昌オリンピックを観戦していると、風が勝負の行方を左右する競技が多いということがわかります。ウインドファクター(風の条件を数値化したもので、それによって得点を加減する)を採用しているスキージャンプがもっとも有名でしょう。

 昨日、日本が金メダルを獲得した、女子団体パシュート。こちらは屋内競技なのですが、風の抵抗を極限まで減らすために、後ろの選手が前の選手にギリギリまで接近する独自の隊列に勝利の秘訣があったとことは言うまでもないでしょう。

 まだよくわからないことが多いですが、競馬も風の影響を大きく受ける競技です。先週の小倉は土日で風の状況が大きく変わったので、それを知るのにいい機会となりました。

 土曜日は直線強い追い風が吹いていたのですが、日曜日は、風がなくなり向きも逆だったからです。

 土日で3鞍ずつ組まれていた芝1200mを比較すると、土曜は3鞍すべて逃げ切り勝ちが決まっていたのに対し、日曜は逃げ馬が全敗。もともと逃げ先行有利のコースですが、スタートは向かい風の影響でペースが上がりにくく、直線は追い風になるので止まりにくい。そういう条件が整っていた土曜日は風が逃げ馬をアシストしたと思われます。

土曜
4R:33秒8→35秒4
10R:33秒9→35秒1
12R:33秒9→34秒9

日曜
4R:33秒7→35秒5
7R:32秒9→35秒5
12R:33秒7→34秒3

 レースラップを比較すると、スタートが向かい風の土曜日のほうが前半3ハロンのラップが遅いのがわかります。日曜最終の紫川特別はこの日の馬場傾向を騎手が意識したからか、先行争いが激しくならなかったのですが、それでも後方で脚を溜めた北村友騎手のラヴィングアンサーの直線一気という決着になりました。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN