競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【戸崎圭太騎手】鬼の居ぬ間に!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の土曜新潟6R。ゲートが開くと何が何でもハナに行く構えを見せたのが山...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年01月05日(金)更新

【戸崎圭太騎手】鬼の居ぬ間に!?

 2018年の競馬が始まりますが、ルメール騎手、デムーロ騎手が騎乗停止中で不在(ルメール騎手は騎乗停止がなくても、ニューカレドニアにバカンスにいく予定だったらしいのですが……)。さらに、短期免許で来日している外国人騎手もゼロということで、久々に全場日本人騎手だけの開催となりそうです。

 そんななかで注目したいのは、4年連続リーディングの座を逃した戸崎騎手です。 昨年12月の勝ち星を見てみると、以下の通り。

ルメール騎手:24勝
デム―ロ騎手:15勝
戸崎騎手:6勝

 ルメール騎手もフランス時代も含めて初のリーディングがかかっていたので、大攻勢をかけていたのは間違いないですが、戸崎騎手の失速はリーディングが絶望的になって気持ちが折れたというよりも、先の目標に切り替えたと考えられます。

 やはり、年末に攻勢をかけると、手駒が手薄になって、年明けに成績を落としがち。2016年のリーディング争いで死力を尽くした戸崎騎手は、年が明けた2017年の年初は、1番人気で25連敗という不名誉な記録を作ってしまったし、1月に6勝とスタートダッシュに失敗。それがのちのリーディング争いにも響いた可能性があります。

 なので、今年は年初のロケットスタートを狙っているのでは。今週の3日間開催では25鞍と精力的に騎乗。ルメデムが居ぬ間に、一気に支持率を回復させようと思っているのかもしれません。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN