競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【横山典弘騎手】スローインファストアウト!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の土曜新潟6R。ゲートが開くと何が何でもハナに行く構えを見せたのが山...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2017年12月21日(木)更新

【横山典弘騎手】スローインファストアウト!?

 先週のターコイズSをミスパンテールで快勝した横山典騎手。直線に向いた時点では馬群に包まれた状態で全く身動きがとれませんでしたが、冷静に進路を探し、残り100mを切ってから、一頭分歩かないかのスペースに突っ込み一気に突き抜けました。

 マジックと称されることも多い横山典騎手の騎乗ですが、細かく見ていくと、理に適った動きが多い。3番人気のスピーディクールで勝った仲冬Sの4角のコーナーリングもそうでしょう。モータースポーツなどでよく言われる、スローインファストアウトを意識したコーナーリングだったからです。

 スローインファストアウトとは、コーナーリングの基本テクニックのひとつで、充分に減速してコーナーに進入し(スローイン)、素速く脱出(ファストアウト)すること。

 競馬においては、コーナーでの遠心力を減らし、ラチを舐めるように回ることで、コースロスをなくすことができるだけでなく、スタミナのロスも減らす一石二鳥のテクニックなのではないでしょうか。

 レースリプレイをみると、外の2番手にいたマイネルトゥランの勢いが勝っているようにみえるし、半馬身くらい前に出ていていつでもスピーディクールを交せそうな手ごたえに見えます。なのに、内を回るコーナーワークの利で離されずに回ってくると、直線に向いて一気に加速。交わされそうに見えたのに、一瞬でマイネルを突き放したからです。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN