競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【三津谷隼人騎手】GⅠの裏開催を狙う戦略!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 昨年の2歳主要レースは、藤沢厩舎の独壇場だった。阪神JFをソウルスターリング...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 <七つ下りの雨と四十男の道楽はやみそうでやまない>とはよく言ったもの。8日午...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2017年10月04日(水)更新

【三津谷隼人騎手】GⅠの裏開催を狙う戦略!?

 先週の日曜阪神で騎乗していた騎手をみてみると、リーディングトップ10に入っているのは和田騎手ひとりだけでした。ルメール騎手、川田騎手は凱旋門賞に騎乗するためにフランスに遠征中。デムーロ騎手や福永騎手などのトップジョッキーはスプリンターズSに騎乗するため、この日は中山で騎乗していました。GⅠの裏開催だけに騎手が手薄だったといえるでしょう。

 そして、こういう日は馬も手薄になりがちです。というのは、やはり将来への期待のかかる良血馬や、優先出走権を持っている勝ち負け必死の馬には、一流騎手に跨って欲しいもの。目当ての騎手が不在の時に無理して使うことはないからです。

 ただ一方で、相手が手薄になりやすいからあえてそこを狙うという戦略も成り立ちそうです。

そういう意味で、先週の阪神7R(芝1800m)で17番人気(単329.3倍)という超人気薄ながら2着に好走したアンノートルが気になりました(さすがに好走は無理だろうと思って、馬券では消してしまったので、ただ気になっただけですが……)。というのは、アンノートルは出走馬のなかで唯一の関東馬だったのです。

 500万下ではブロック性が敷かれているので、フルゲート割れじゃないとそもそも関西のレースに関東馬は出走すら叶わないのですが、先に述べた通りGⅠの裏開催で騎手が手薄だったことが幸いしたと思われます。でも、それだけでわざわざ遠征するとは思えません。やはり、何らかの狙いがあっての決断に違いないと思うのです。しかも、▲(3キロ減)の三津谷騎手に依頼しているのも、勝負度合いの高さの現れではないでしょうか。

これから秋のGⅠレースが本格的に始まりますが、その裏でおいしい馬券にありつくために、騎手の手薄(すなわち馬も手薄)なところであえて勝負を賭けてくる馬がいないか注意を払いたいと思っています。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。