競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【武士沢友治騎手】逃げ馬の宿命!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 ⇒はじめての方はコチラ「鉄板軸馬3」とは? 中山2R ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 遠野が約束より早く「頑鉄」に着くと、親爺は縁台で煙草を吸っていたが、すぐ...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2017年09月13日(水)更新

【武士沢友治騎手】逃げ馬の宿命!?

先週でサマーシリーズが終了し、各チャンピオンが決定しました。サマースプリントS、サマー2000Sに比べレース数が少なく、該当なしといった盛り上がりに欠ける結果になることの多いサマーマイルSは、ウインガニオンとグランシルクの同点優勝となりました。

今回はサマーマイルSの優勝候補の一角だったマルターズアポジーに騎乗した武士沢騎手に注目したいと思います。

デビュー以来一度もハナを譲ったことがない天性の逃げ馬で、ここも逃げて自分の形に持ち込みましたが、粘り切れず4着。とはいえ、後続の厳しいマークに晒されたもので、マークしてきた相手をものともせず、先行馬で唯一上位に粘っているので、かなり強い競馬をしていたことは確かです。

しかも、2、3番手につけたのはマイネル・ウイン軍団(ウインフルブルーム、マイネルアウラート)の馬。サマーマイルSの優勝が懸かっていたウインガニオンはマイルCSに直行することがすでに決まっており、マルターズアポジーの逆転優勝を阻止し、ウインガニオンをアシストする意図があったのかもしれません。

相手の出方に結果が大きく左右されてしまうのは逃げ馬の宿命ですが、惨敗が続いてマークが甘くなったら今度はこれ以上ない有利な戦法になる。

条件不適と思われる天皇賞・秋を叩いて、惨敗後にマイルCSに向かえば他馬のマークも甘くなりそうだし、いまの充実ぶりを考えると一発あってもよさそうです。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。