競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【秋山真一郎騎手】備えあればこそ!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 雨が降りそうなのは土曜の新潟。低気圧の通り道になるため土曜の午前中は雨になる...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「ったく。山の日なんて休日ができたおかげで、11日の金曜日が休みになって、そ...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2017年08月10日(木)更新

【秋山真一郎騎手】備えあればこそ!?

結構、52キロは簡単に乗れるので、体重軽くてよかったです

これは、先週の小倉記念をタツゴウゲキで制した、秋山騎手の勝利ジョッキーインタビューでの第一声です。

当初タツゴウゲキに騎乗予定だったM.デムーロ騎手がその日の7Rで落馬し、急遽代打で騎乗することになったのですが、秋山騎手はプロフィールの身長が167cmもありジョッキーの中では長身の部類です。しかも、その日は55キロ以上での騎乗しかなく、52キロの軽ハンデに乗ることができなくてもおかしくなかった。なので、いつでも軽い斤量の馬に騎乗できるよう準備していたからこそ、先の発言につながったのではないでしょうか。

年々、中堅騎手への風当たりが強くなっているので、秋山騎手も背に腹は代えられず今年からローカル周りを開始。そういうできることからやっていこうという姿勢が、今回の重賞制覇につながったのかもしれません。夏場の軽い斤量の馬にいつでも騎乗できるように準備しておけば、ハンデ戦や3歳牝馬など斤量に縛りのある馬が回ってくるチャンスが増えると備えていたのが実を結んだのかもしれません。

それにしても、この日デムーロ騎手から乗り替わりとなった馬は2勝2着1回と大活躍。トップジョッキーはいい馬にたくさん乗っているのだなあと感じました。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。