競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【石川裕紀人騎手】チームプレイ!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 秋競馬も、この馬の登場でいよいよ盛り上がってくるはずだ。神戸新聞杯に出走する...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 遠野が約束より早く「頑鉄」に着くと、親爺は縁台で煙草を吸っていたが、すぐ...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2017年07月14日(金)更新

【石川裕紀人騎手】チームプレイ!?

先週の七夕賞は戸崎騎手が騎乗した1番人気のゼーヴィントが勝ちました。

筆者は、通算300勝に王手を賭けている武士沢騎手が騎乗した2番人気のマルターズアポジーに注目していたのですが、こちらはハナを奪うまでに競られて脚を使わされたのが響いたのか11着と振るいませんでした。


勝負の明暗を分けたのは、福島が地元の【シルクレーシング】のチームプレーにあったのかもしれません。

というのは、自分の勝ち負けを度外視してマルターズアポジーに競りかけていったのは、ゼーヴィントと同じシルクRの所有馬のフェイマスエンドだったからです。事実、フェイマスエンドはテンに無理して競り合った結果、勝ち馬から5秒8も離された大差のシンガリに敗れています。自分の馬に最良の成績を残そうと思ったら、ああいう無謀な競馬をするはずはないからです。

しかも、フェイマスエンドの鞍上は、先週のラジオNIKKI賞をセダブリランテス(この馬もシルクRの所有馬)で制している石川騎手。先週、初重賞制覇をさせてもらったオーナーのためにアシスト役を買って出たのかもしれません。

七夕賞と同じ芝2000mで行われた9レースの織姫賞でも、石川騎手は逃げ馬の直後の番手につけていたのですが、こちらは戸崎騎手のコパノマリーンの逃げ切りを許しており、普段から逃げ馬へのプレッシャーがきついわけではありません。


昨年の有馬記念でも話題になりましたが、これからはチームプレイも頭に入れながら、馬券を検討しなければならないのかもしれません。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。