競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【田辺裕信騎手】課題は東京開催にあり!?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 中山は土曜の朝に小雨がパラついたが、影響するほどの雨量ではなく、この先は晴れ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 昨暮れから昨日(11日)までの遠野は、まさに<羹に懲りて膾を吹く>――状態。...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年01月19日(金)更新

【田辺裕信騎手】課題は東京開催にあり!?

 先週の京成杯を制したのは、田辺騎手が騎乗した1番人気のジェネラーレウーノでした。さらに、田辺騎手は先週5勝の固め打ち。今年の勝ち星を二ケタの10勝に乗せて、リーディング争いでもトップに立ちました。

 田辺騎手は、昨年の京成杯もコマノインパルスで制しており、1月に16勝を挙げリーディング争いでもトップを快走していました。しかし、開催が替わって東京が始まると、勝ち星のペースが落ちてしまい、2月に入るとM.デムーロ騎手にリーディングの座を奪われてしまったのです。

■2017年の東京と中山の成績比較

東京:24勝、勝率8.6%
中山:47勝、勝率16.5%

 中山コースが滅法得意としている田辺騎手ですが、東京では振るいません。勝率でみると倍近い差があるのです。中山開催は今週で終わりとなるので、田辺騎手の今年の活躍を占うのは次の東京開催でどれだけの活躍ができるかにかかっているのではないでしょうか。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。